光学レンズユニット分野で活躍する新亜光学工業株式会社

こちらの仕事に影響を与えない

すばやくレンズを作ってくれる

カメラを製造することになったら、レンズや鏡筒などの部品が必要ですよね。
どこの企業に発注を任せるかが、重要なポイントです。
仕事が遅い企業では、こちらの仕事が遅れるので依頼しないでください。
新亜光学工業株式会社のように、納期をきちんと守ってくれる企業がおすすめです。
製造して欲しいレンズの大きさや厚さを、前もって伝えておきましょう。
こちらの要望に合わせて製造してくれます。
作りたいカメラの大きさを考えると、レンズのふさわしい大きさを把握できます。

最近は、機械の導入も進めています。
ですからスタッフの負担が減り、より早くレンズを製造することができています。
機械があっても、まだ人間の手で作らなければいけない部分があります。
そこは手先の器用なスタッフが担当するので、ミスが起こる可能性も少ないです。
スタッフが毎日真面目に働いているので、納期まで部品の製造を間に合わせることができています。

海外の企業と繋がりをたくさん持ち、常に情報交換をすることを心がけています。
すると、これまでわからなかった知識や技術を教えてもらうことができます。
得た知識を活かして部品を作り、さらに新亜光学工業株式会社は進化しています。
これまで以上に優れたレンズを開発することができるかもしれません。
たくさんの顧客に喜んでもらいたいという目標に向かって、スタッフが一丸となって勉強しています。
それが品質の良いレンズを製造できる理由でしょう。

▲ TOPへ戻る