こちらの仕事に影響を与えない

業界全体を活性化させる使命をもった企業

新亜光学工業の光学レンズユニットとは

光学レンズユニットとは、カメラなどのレンズをはじめとしたその周辺機器、撮影に必要な機器全般のことを指します。
光の屈折を利用したレンズは、デジタルカメラやスマートフォンの内蔵カメラをはじめ、顕微鏡、望遠鏡、監視カメラ、インターフォンなどさまざまなことに利用されています。
新亜光学工業の光学レンズユニットは、監視カメラに利用されています。監視カメラの映像は、不鮮明でモノクロで、人物の顔や洋服の色など分かりにくいというイメージを持つ人がいるかもしれませんが、最近の監視カメラは、そうではありません。映像が鮮明に映し出されます。
それは、新亜光学工業の技術で、屋外でも光量の調節が可能になったためです。そのため、光量が少ない夜間と光量の多い昼間の調光レベルを自動で変更し、24時間クリアな映像を映し出すことが可能になりました。
新亜光学工業の光学レンズユニットは、監視カメラ用のレンズユニットだけを製造しているのではありません。あらゆるレンズユニットに対応しています。
また既成レンズユニットのサイズにないサイズのレンズが欲しい場合は、オリジナルサイズの注文も受け付けています。

ライバルと切磋琢磨する関係に

スマートフォンを代表とした携帯電話に内蔵されたカメラは、小型でも高性能なのは、この光学レンズユニットの研究の成果と言っても過言ではありません。新製品が登場するスピードは、ここ数年はめまぐるしいほど早くなっています。
新亜光学工業では、真価が求められる機器の進化を目指す企業として光学レンズユニットの開発に力を入れています。光学製品の開発は、一朝一夕にはいかないものです。難解な計算式と、既存製品の問題点、数ミリ単位の次元のはなしのものもあります。
そうした努力の結果新製品につながることもあれば、徒労に終わることもあります。このような研究者たちの努力の結果、今現在市場に出回っている光学レンズがあるのです。
新亜光学工業では、この研究者たちの成果を隠すことなく、ライバル社へ提示し、光学レンズユニット界において、より高度な製品が出来上がるように努めています。光学レンズユニットにおいては、新亜光学工業だけでなく、業界全体の功績が上がるように一役担っているのです。


▲ TOPへ戻る