こちらの仕事に影響を与えない

光に関わる製品を作る新亜光学工業

光学レンズユニットとはどんなもの?

レンズはカメラに欠かせない部品の1つです。
カメラにも様々な種類がありますが、例えば、一眼レフカメラにもレンズがありますし、デジタルカメラ、携帯電話、スマホ、防犯カメラにもレンズがついていて、レンズなしには綺麗な画像は残せません。
光学ユニットとは、光を扱う又は取り込むための装置を指しており、光学レンズやズームを行う装置部分も含めた総称です。

つまり光学レンズユニット分野の製品とは、光を操り、綺麗な画像や映像を残す為には欠かせない装置です。
写真を撮る上で、綺麗な画像を残す事を求められますが、それは写真を撮るカメラだけでなく、昼夜問わず鮮明な映像をとることを求められる防犯カメラやドライブレコーダーにも必要とされる装置です。

昔、カメラが開発されて頃と比べると、カメラの構造はかなり複雑化し、精密機械に分類されています。
スマホのカメラがその代表格で、薄くて軽く、手のひらサイズの本体の一部の、小さい部品がカメラの機能を果たしています。

1年ごとに新しい製品が出るぐらい、光学レンズユニット分野はどんどん進化しています。

光学レンズユニットを始めとする製品作り

新亜光学工業は光に関わる製品作りをしています。
特に評価されているのが光学レンズ・鏡筒・デジタルカメラなどからなる機構ユニットで、世界中で需要がある製品です。

しかも、もっといい製品をと、進化を求められている分野でもあるのが光学レンズユニットで、高倍率化や製品のコンパクト化のための研究が盛んに行われています。
新亜光学工業ではその要望に応えるべく、熱心な研究者が日々研究に勤しんでいます。
研究に熱心な研究員が多いこともあり、特許を多数取得するぐらい、独自の技術を持っています。

カメラやカメラの部品を製造している会社の中には誰もが名前を知っているような、大手のメーカーもあります。
しかし、大手にも負けない技術で、競合他社に負けない製品作りを行っています。

光学レンズユニット以外に、シャッターユニットやTDNユニットといった多彩なユニットを製造開発し、多岐にわたるオリジナル製品とカスタム製品を提供しています。


▲ TOPへ戻る