こちらの仕事に影響を与えない

新亜光学工業の光学レンズユニットの特徴

日常に使用されている光学レンズユニット

今や光学レンズユニットは現代人の日常生活を支える重要な存在となっています。
光学と聞くと難しく考える方もいるかもしれませんが、光学とは光を扱う分野のことで、レンズ製品もその1つです。
レンズは光の屈折を利用して様々な製品に使用されており、カメラや顕微鏡、望遠鏡など幅広い分野で活躍しています。

その中でも新亜光学工業の光学レンズユニットは監視カメラ分野で多くの人の日常生活を支えています。
屋外に設置する監視カメラは適切に映すために光の調節が重要になり、新亜光学工業のオートアイリスは高度な調節を行ない、適切に映像を映し出すことを可能としました。

カメラのシャッターユニットやTDNユニットなどの開発も行ない、レンズやオートアイリス機能だけでなく、カメラ部品も高品質な物を提供できるように努めています。
オートアイリス機能を最大限に活かせるような対応レンズ部品、カメラ部品を開発生産しているのが新亜光学工業の特徴と言えるでしょう。

ニーズに合わせたカスタムができる

新亜光学工業が光学レンズユニット分野で活躍している理由の1つに、顧客への要望を実現する姿勢が挙げられます。
オートアイリスは使用したい環境に合わせて選べるようにシリーズが多く用意されていることも特徴です。
独自の品質体制で部品から生産まで信頼性が高く、多くの方から高い評価を得ています。

カメラのシャッターユニットはコストを削減しつつもカスタムを実現できるように努めています。
コストを削減しても、品質を下げすに提供できる技術が新亜光学工業にはあるのも特徴です。

すべての製品から材料まで、様々な相談に乗ってもらえるのも強みです。
オートアイリスやシャッターユニット以外に取扱い可能の製品も多く、広い範囲でのカスタムの実現が可能となります。

光を扱う製品について、新亜光学工業は製品を購入した後も徹底的にサポートしてくれるのも高い評価を得ている理由の1つです。
アフターフォローが充実しているので、安心して製品のカスタムを依頼できます。
海外の工場と連携してより良い製品を届けてくれる新亜光学工業の今後の活躍に注目しましょう。


▲ TOPへ戻る