こちらの仕事に影響を与えない

新亜光学工業株式会社の魅力

多数の特許を出願

新亜光学工業株式会社は、カメラの光学レンズなどを開発、製造、販売しています。光学製品としては、光学レンズ、鏡筒、デジタルカメラやその機構の設計、製造を行なっています。また、電子部品、光学部品等の輸入販売も行っています。「すべての光をアシストする」をキーメッセージとしており、オプトエレクトロニクスの専門企業として努力しています。

自社で製品を開発、設計しており、多数の特許を取得しているのが新亜光学工業株式会社の魅力の一つです。特許を出願している技術を利用して、製造しているため、他社には作れないものを作ることができます。

具体的には、「光量調節装置」、「駆動モーター装置及び光量調節装置」などの特許を出願しています。このように新たな技術を開発していくことにより、カメラが高性能になったり、薄型・軽量化したりします。デジタルカメラ、デジタルスチルカメラ、デジタルビデオカメラなど、多様な撮影機器に活用されています。

特許は、日本だけでなく米国、韓国、中国、EUでも出願しています。世界に向けて、自身を持って製品を提供しています。今後も成長が期待できます。

海外との取引

新亜光学工業株式会社は、日本のみならず海外との取引も多いグローバル企業です。品質が高くて、低価格の製品を開発、製造するために、中国をはじめとする海外で部品を調達したり、製品の組み立てを行なったりしています。台湾やシンガポールなどの現地企業と提携し、製造を行なう部門もあります。このように、製品の開発や製造においても、海外とのつながりが大きいです。

また、香港事務所や韓国現地法人もあり、製品の輸出入の取引も多く、販売という面でも海外との関りが深いです。グローバル企業らしく、HPでは日本語だけでなく、英語や中国語での説明もあります。

海外の多数の国々と取引を行なうことで、国内の情勢や景気がよくない時期でも、海外事業で利益を得ることが可能になります。海外に関しても一国だけに依存しない形でリスクを避け、安定した業績を出すことにつながっています。特に、今後需要の拡大が期待できる中国市場で勝負していけることは強みです。


▲ TOPへ戻る