こちらの仕事に影響を与えない

高い評価を受ける新亜光学株式会社の光学レンズユニット

光学レンズユニットとは

光学という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、簡単に言うと光を扱うまたは取り込むための装置を取り扱う分野のことを指します。
レンズは代表的な製品の1つで、レンズとズームなどを行う周辺の装置などを全て合わせて光学レンズユニットといいます。
レンズは光を発散または集束させるために使用されるもので光の屈折を利用するために様々な製品に使用されており。イメージしやすいのはカメラかもしれませんが、それだけではなくプロジェクターなどの映像機器や顕微鏡、望遠鏡などにも使用されています。
光学レンズユニットは光を扱うあらゆるものに関わってきますので、私達現代人の生活においてもはや欠かすことの出来ない非常に重要なものとなっています。
光学レンズユニットは小さなことが大きな影響を及ぼしてしまう非常に精密なものですので、製造においては高い技術力が求められます。また日々進化を続けている分野でもありますので、より正確にそしてより高性能な製品を作り出すために研究や開発が行われ続けています。

新亜光学株式会社が活躍している理由

新亜光学工業では、「すべての光をアシストする」というコンセプトを掲げ、長年の経験や最先端の技術力、開発力を活かした光学製品を製造しています。
ただ製品を製造しているというだけではなく自社で製品を開発、設計していて光量調整装置を始めとする多数の特許を取得しているのが新亜光学工業株式会社の魅力の一つです。光学製品を製造している企業というのは非常に多くありますが、特許を出願している技術を活用して製造しているため、他の企業では製造することの出来ないものを作ることができるのです。
またユーザーの要望を叶えることが出来るように尽力しているというのも、新亜光学工業が支持される理由です。
ニーズに合わせて使用する製品を選ぶことが出来るようにバリエーション多く製造していたり、カスタムが出来るようにしていたり、品質は高く維持してコストを削減することで費用を最大限抑えたりといったことをしています。
製品の品質の高さはもちろんですが、こういったユーザー思いの姿勢が支持を集め長く活躍出来ている理由でもあるのです。


▲ TOPへ戻る